スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウェイト調整

2014_0130004.jpg
今年度からマスタークラスの重量規定が1450gから1350gに引き下げられたので
ウェイトの調整をしてみました。
以前の重量バランスを崩さぬよう配慮しつつポンダーステーを右側バッテリー後方に新設。

ちゃんとした…

2014_0130006.jpg
AMBポンダーの寸法がわからず、勘に頼る部分が多かったのでタイヤや足回りと
干渉しないか心配でしたが、開幕戦を終えた後に細部までチェックしましたが問題はなさそうです。



2014_0130005.jpg
走らせた感じでも違和感はなく以前のサーボ横にステーで固定してた時よりも見た目にも
スッキリしますし、ポンダー脱落の危険性もかなり改善されたはず。
部材は1mm厚のカイダック板に見た目を良くするためにカーボンプリントのシートを貼り
両面テープ以外にビスでロアシャーシに固定してあります。



2014_0130001.jpg
もうひとつは以前より気になってたステアリング周りのガタ取り。
サーボホーンからクランクに繋がるアジャスターをHPIのモノからタミヤ製に変更。
他にも少し見直して納得いくレベルまでガタを減らせました。

今回はレース前日の練習走行で新ロットのタイヤでもベストラップ10秒7が出た事で
レースも新ロットでいきましたが、タイム的にもう一伸び欲しいのが本音。
なんとなく方向性は見えてきたような気がするので次回は更に煮詰めてみようと思います。


関連記事
コメント

コメントの投稿 (承認後掲載になります)


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。