スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TCXX用 ギヤデフ

2013_0816001.jpg
随分前から買ってはあったのですが、おんせんさんが組んだSpec-Rのギヤデフが問題なかったのでお蔵入りしてたTCXX用のギヤデフ。
オイルを交換しただけで動きの違いがわかったのでオイルの番手違いで組んでみる事にしてみました。
セットで購入したのですがカップジョイントアダプターまで入ってました。

純正で評判の良いギヤデフなので楽しみでしたが…

2013_0816002.jpg
なんとドレンがついてます。
組立説明書が入ってないのでTCXXの取説を見てみますが、このドレンについて説明はなし。
まさか継ぎ足すのは無理として、抜いたりするのに使うのかな?



2013_0816003.jpg
おまけに反対側にもドレンがあります。
と、ここまでは素組みだったのでわかりませんでしたが…



2013_0816004.jpg
組み上げてみるとドレンのイモネジからオイルが漏れてきます。
しかも結構な量が…

気になるドレンを緩めてやると空気とオイルがプシュっと出てきたので圧が高くなってたのでしょうね。
密閉度が高いがためにドレンが必要だったという事でしょう。
チェックを兼ねて組みなおしてみましたがジョイント部からの漏れはなさそうで一安心。
もちろんドレンのイモネジを最後に締めて完成。



2013_0816005.jpg
せっかくなのでSpec-RのもバラしてパッキンとOリングを交換。
純正ギヤデフはSpec-Rよりもワンランク柔らかいオイルを入れましたが逆に重い感じです。
この違いがどんな風になるのか楽しみです。


関連記事
コメント

コメントの投稿 (承認後掲載になります)


管理者にだけ表示を許可する

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。